2009年08月21日

England Dan & John Ford Coley

新宿厚生年金に見に行ったのね。
このお二人は唯一アタシが直にファンとして言葉をかわせて、握手できて、サインもらえたデュオ。
さすがメジャーじゃない、と思ったわ。コンサートの後ステージ上にプロモーターの人が出てきてね、二人が宿泊する厚生年金裏手のビジネスホテルで懇談会をするから時間のある方はどうぞ、って言うわけ。
こんなチャンスは滅多にないから即行っちゃったわさ。
確かアタシが好きな"I'd Really Love See You"を演ってもらえなかったから、それが残念って伝えたんだったね。
当時高校生だったアタシにとっては既にオッサンだったから(多分30代だったんじゃないかな)、今どうなさっていることやら。でもハーモニーはすばらしい!伸びやかな柔らかい声。ホッとするんだね。



blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】
〜このアーチストのその他の作品〜

■Dowdy Ferry Road
■Dr. Heckle & Mr. Jive
■Essentals V. 1
■Nights Are Forever



posted by Cocoおばちゃん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 70's-USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。